腎臓病食事(CKD食事)の考え方

腎臓病食事食事制限療法の目的は、慢性腎臓病の進行を遅らせる事、そして体調を良好に維持することにほかなりません。透析導入前の保存期の患者であれば、食事制限療法によって腎不全への進行を遅らせることができ、透析導入を遅らせることが可能になります。

また、透析導入後も、健康状態を保持しながら安定的に透析を続けていくために、食事制限療法は非常に大切だといえます。腎臓の機能が低下すると、健康な時は簡単に排泄されていたものが排泄されなくなり、全身にに良くない影響を与えます。

例をあげると、たんぱく質を多く摂り過ぎると、腎臓からしか排泄されない尿素や窒素、クレアチニン等が多くなって身体に多大な負荷をかけます。また、ナトリウムの排泄機能も低下し塩分を抑制することも大事になってきます。だるさやむくみ、高血圧などを引き起こすからです。

ただ、全部制限すれば良いかというとそうではありません。体に必要な栄養が足りなくなると、体調不良を引き起こします。普段の生活や病気に立ち向かっていくモチベーションが上がりません。制限するところは制限し、摂らなければいけないものはしっかり摂ります。

食事制限療法の目的と正しい方法を、患者さんご本人や、ご家族、支援している人たち全てが、認識し学び、実践していくことが非常に大切です。食事制限療法は患者さんそれぞれによって内容が大きく差があります。ここで説明するのは腎臓病のごく初期の基本的な情報と思ってください。

具体的な食事の内容・献立は、必ず主治医や管理栄養士の指導を仰ぎながら、実践して下さい。いくつかの数値が出てきたり、聞き慣れない専門用語もあり、最初は誰でも「本当にできるだろうか?」と腰が引けてしまいがちです。

でも、かけがえのないご自身の体を守るためには大事なことばかりです。主治医や管理栄養士をコーチとして、腎不全の低たんぱく食・塩分制限などの書籍やインターネットなどを活用していけば、必ず良い結果が得られるはずです。


腎臓病食事の宅配業者

宅配サービスの腎臓病食は、通院中・退院後で食事制限が腎臓病患者の方で、お一人暮らしや様々な理由で制限食を作ることが困難な方に対し、少しでもその負担を減らしていくための補助として管理栄養士が献立を考えている食事です。こちらで紹介する宅配業者は、腎臓病・人工透析で、医師から塩分やたんぱく質・カリウム・リンなどの調整を指導されている患者の方専用の食事を配達できます。

食事制限でお悩みの方にオススメ|ウェルネスダイニング

腎臓病食事の宅配腎臓病食事の宅配

糖尿病や腎臓病、高血圧など生活習慣病で食事制限が必要な方に、管理栄養士監修の手作り宅配健康食を全国へ宅配する、 通販ショップ「ウェルネスダイニング」です!

レンジで温めるだけで食事が完成するので、難しい栄養コントロールの必要がなく、つくる方の負担も軽くし、お食事を楽しめます。

腎臓病には食事制限が重要。【宅配弁当彩ダイニング】彩ダイニング

彩ダイニング彩ダイニング

塩分が少なくても、だしを効かせ、主菜はしっかり味付け、副菜は薄味になど、味付けにメリハリをつけ、全体の塩分量を抑えます。 また、食べられない食品がある方でも、好きなお弁当を1食から注文可能!

食べたい時に電子レンジで温めるだけなので、食事の準備もカンタンです!7食分のおまとめ注文で全国送料無料!

管理栄養士監修の豊富なメニューが揃う、安心安全な宅配弁当『彩ダイニングオンラインストア』

日清医療食品は医療・介護施設の食事サービスシェアNo.1食宅便

食宅便食宅便

「食宅便」の日清医療食品は、日本全国の病院・福祉施設への食事サービス実績NO.1。全国に約9,000人の管理栄養士、栄養士を擁するヘルスケアフードのリーディングカンパニーです。

自宅に届く「食宅便」は、冷凍のおかず7食セット。1食分は、主菜を含め、約20種類の食材を使用した5つのおかずで構成。それがレンジでチンすれば、いつでもお手軽に召し上がっていただけます。

冷凍だから、毎日届いてしまう宅配弁当とは違い、必要のないときは食べなくても問題ありません。冷凍庫にストックしておけば、忙しくて買い物に行けなかったときや体調のすぐれないときも栄養バランスのよい食事を摂ることができます。


塩分ゼロの健康サポート野菜ジュース

健康的な暮らしを送るには、1日350g以上の 野菜を摂るのが望ましいとされていますが、日本人の平均摂取量は268.1g。残念ながら、 目標量より約23%も不足しているのが現状です。


野菜に含まれるビタミンやミネラルは、健康に欠かせません。 それだけでなく、野菜には人の健康を守るカロテノイドや食物繊維などの大切な成分が含まれています。カロテノイドが豊富な色の濃い緑黄色野菜園は、健康のためにも毎日食べたいところですが、普段の食生活では不足しがちな野菜でもあります。

そこでカコメは、毎日おいしく飲みながら野菜の栄養のバランスがいいジュースをつくりました。

カゴメ毎日飲む野菜

野菜を知るカゴメが、旬の健康野菜を厳選しました。

『毎日飲む野菜」は、カロテノイドが豊富な7種の緑黄色野菜に、注目の機能性野菜ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)も加えました。 おいしさはもちろん、栄養価もピークになる旬の野菜を使用しているため、健康力を発揮してくれます。

公式サイト


[スポンサードリンク]

野菜

ページの先頭へ